関西文化学術研究都市建設促進法 – 関西文化学術研究都市の建設を促進するための県税の不均一課税 …

(目的) 第1条 この法律は、関西文化学術研究都市の建設に関する総合的な計画を策定し、その実施を促進することにより、文化、学術及び研究の中心となるべき都市を建設し、もって我が国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資することを目的とする。

概要

(関西文化学術研究都市建設促進法の一部改正に伴う経過措置) 第四十七条 施行日前に第八十九条の規定による改正前の関西文化学術研究都市建設促進法第五条第一項(同条第四項において準用する場合を

関西文化学術研究都市 関西文化学術研究都市建設促進法 1987年6月9日に公布・施行。要点を以下に記した。学研都市とは、大阪府枚方市、交野市、四條畷市、京都府京田辺市、精華町、木津町、奈良県生駒市、奈良市のうち、内閣総理大臣

けいはんな学研都市(正式名称:関西文化学術研究都市)とは、京都、大阪、奈良の3府県にまたがる京阪奈の緑豊か な丘陵において、関西文化学術研究都市建設促進法に基づき、建設・整備を進めているサイエンスシティです。

第一条 この法律は、関西文化学術研究都市の建設に関する総合的な計画を策定し、その実施を促進することにより、文化、学術及び研究の中心となるべき都市を建設し、もつて我が国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資することを目的とする。

「関西文化学術研究都市(京都府域)の建設に関する計画」の概要. 本計画は、関西文化学術研究都市建設促進法(外部リンク)(昭和62年法律第29号)第5条第1項の規定に基づき、国が定める「関西文化学術研究都市の建設に関する基本方針(外部リンク)」を基に京都府域の建設に関する総合

関西文化学術研究都市建設促進法 (目的) 第一条 この法律は、関西文化学術研究都市の建設に関する総合的な計画を策定し、その実施を促進することにより、文化、学術及び研究の中心となるべき都市を建設し、もつて我が国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資することを目的

[PDF]

(国土交通省 都市局 都市政策課) 制 度 名 関西文化学術研究都市建設促進法に基づいて整備される文化学術研究施 設に係る特別償却制度の延長 税 目 法人税 要 望 の 内 容 関西文化学術研究都市建設促進法(昭和62年法律第72号。以下「促進法」と いう。

関西文化学術研究都市建設促進法(昭和62年6月9日法律第72号)第2条第5項に定める文化学術研究交流施設「けいはんなプラザ」の設置及びその運営: 資本金: 1億円(平成20年7月30日現在) 主な事業

名称: 株式会社けいはんな (Keihanna Interaction Plaza Incorporated)
[PDF]

kansai research institute 関西文化学術研究都市推進機構 公益財団法人 ご挨拶 関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)は、関西文化学術研究都市建設促進法制定から30年余りが経過しました。

[PDF]

この計画は、関西文化学術研究都市建設促進法第2条第1項の規定 に基づき定められた関西文化学術研究都市の地域のうち、京都府域を 対象とする。 (1) 面積及び人口 計画対象地域の面積は約7,370 ヘクタール、人口(平成27年国勢調

関西文化学術研究都市建設促進法第十一条の地方公共団体等を定める省令の条文を掲載しています。

この計画は、関西文化学術研究都市建設促進法第2条第1項の規定に基づき定められた関西文化学術研究都市の地域のうち、大阪府域を対象とする。 (1)面積及び人口 計画対象地域における面積は約4.530ha、人口(昭和60年国勢調査)は、約39千人である。

関西文化学術研究都市(かんさいぶんかがくじゅつけんきゅうとし)は、創造的な学術・研究の振興を行い、新産業・新文化などの発信の拠点・中心となることを目的として、大阪府、京都府、奈良県にまたがる京阪奈丘陵(枚方丘陵、生駒山、八幡丘陵

[PDF]

1970 年)と関西文化学術研究都市建設促進法(1987 年) を比較すると、筑波の方が関西よりも(財政の許す範囲内においての)政府のより強力な 資金確保の努力義務を宣言していることが際立つ。また、関西文化学術研究都市について

[PDF]

この計画は、関西文化学術研究都市建設促進法第2条第1項の規定に基づ き定められた関西文化学術研究都市の地域のうち、奈良県域を対象とする。 計画対象域の現況は、次のとおりである。 (1)面積及び

[PDF]

が発足し、翌1987年 「関西文化学術研究都市の建設に関する・基本方針」が内閣総理大臣決定さ れた。同年 「関西文化学術研究都市建設促進法」が制定され国家プロジェクトとして動き出す ことになった。

[PDF]

平素より、関西文化学術研究都市(愛称「けいはんな学研都 市」)の建設推進に特段のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。 本都市は、昭和62年に制定された関西文化学術研究都市建 設促進法に基づき文化創造・学術研究の拠点形成に向けて大学

1987年6月 「関西文化学術研究都市建設促進法」公布・施行 。国家的事業として位置づけられる。 1987年10月 学研都市の区域が決定される。 1987年10月 関西文化学術研究都市建設促進法に基づく、「関西文化学術研究都市建設基本方針」が決定される。

関西文化学術研究都市(通称:けいはんな学研都市) (別ウインドウで開く) は、創造的な学術・研究を行い、新しい産業や文化などの発信拠点となるため、国家プロジェクトとして建設された広域都市です。 大学、研究施設、文化施設など約130の施設が集積。

3 「文化学術研究施設の称 2」には、例えば「 研 究センター」、「 研究所」等のように関西文化学術研究 都市建設促進法第2条第4項に規定する「文化学術研究 施設」の称を記載します。 4 「研究施設の種類等3」には、文化学術研究施設のう

(目的) 第一条 この条例は、関西文化学術研究都市建設促進法 (昭和六十二年法律第七十二号。 以下「法」という。) 第二条第二項に規定する文化学術研究地区 (以下「文化学術研究地区」という。 ) 内において文化学術研究施設 (同条第四項に規定する文化学術研究施設のうち研究所用の施設に

「関西文化学術研究都市建設促進法」公布、施行 国家事業となる. 9月. 内閣総理大臣が「関西文化学術研究都市の建設に関する基本方針」を決定. 昭和63年. 3月. 内閣総理大臣が「関西文化学術研究都市(京都府域)の建設に関する計画」を承認. 6月

関西文化学術研究都市 関西文化学術研究都市の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月) けいはんな記念公園入口石碑 けい

関西文化学術研究都市(学研都市)は、国家的プロジェクトとして位置づけられた学術研究都市建設構想です。産・学・官の協力のもとに計画・推進され、1987年に「関西文化学術研究都市建設促進法」が制定されてから、基盤整備が進められ、現在では120を

[PDF]

平成8年 4月 関西文化学術研究都市セカンド・ステージ・プラン推進委員会の答申 「関西文化学術研究都市の今後の整備方策について」 平成9年 4月 建設促進法に基づく「基本方針」の変更 7月 奈良県「建設計画」変更の承認

[PDF]

関西学術研究都市調査懇談会発足 78 19 20 関西文化学術研究都市建設推進協議会設立 83 同志社大学・同志社女子大学関西文化学術研究都市推進機構設立 田辺校地開校 86 関西文化学術研究都市建設促進法公布・施行 87 国際電気通信基礎技術研究所( a t r)開所 89

関西文化学術研究都市の建設は、 関西文化学術研究都市建設促進法 (昭和62 年法律第72 号) に基づき、近畿圏において培われた豊かな文化・学術・研究の蓄積を活かし、

1986年(昭和61年)6月 – 財団法人関西文化学術研究都市推進機構が設立する 。 1986年(昭和61年)6月 – 国土庁が「関西文化学術研究都市建設基本方針」を策定する 。 1987年(昭和62年)6月 – 関西文化学術研究都市建設促進法が公布・施行される 。

建築主: 株式会社けいはんな、住友記念事業推進委員会

関西文化学術研究都市建設促進法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

この法律は、関西文化学術研究都市の建設に関する総合的な計画を策定し、その実施を促進することにより、文化、学術及び研究の中心となるべき都市を建設し、もつて我が国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資することを目的とする。

1986年(昭和61年)6月 – 財団法人関西文化学術研究都市推進機構が設立する 。 1986年(昭和61年)6月 – 国土庁が「関西文化学術研究都市建設基本方針」を策定する 。 1987年(昭和62年)6月 – 関西文化学術研究都市建設促進法が公布・施行される 。

[PDF]

化学術研究都市建設促進法第5条第1項に規定する建 設計画の同意(承認)年月日を記載します。 (2) 「国土交通大臣の証明年月日14」には、その研究所 用の施設を設置することが関西文化学術研究都市建設 促進法第5条第1項に規定する建設計画の達成に資す

[PDF]

平成25年度税制改正(租税特別措置)要望事項(新設・拡充・延長) (国土交通省) 制度名 関西文化学術研究都市建設促進法に基づいて整備される文化学術研究

[PDF]

都市住宅学87号 2014 autumn⃝ 61 ⃝特集「奈良県にみる都市住宅最前線」 けいはんな学研都市の現状と展望 関西文化学術研究都市推進機構 常務理事 瀬渡 比呂志 関西文化学術研究都市建設促進法(以下「関 西学研法」という。)は、1987年に施行された。

[PDF]

平素より、関西文化学術研究都市(愛称「けいはんな学研都 市」)の建設推進に特段のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、本都市は、昭和62年に制定された関西文化学術研究 都市建設促進法に基づき文化創造・学術研究の拠点形成に向け

京田辺市が一翼を担う関西文化学術研究都市(学研都市)は、「文化、学術および研究の中心となるべき都市を建設し、もって我が国および世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資する」ことを目的に、1987年の関西文化学術研究都市建設促進法の公布施行以来、国家プロジェクトとして

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 関西文化学術研究都市の用語解説 – 筑波研究学園都市と並ぶ西の文化・学術・研究の拠点として建設中の都市。大阪,京都,奈良の3府県5市3町にまたがる京阪奈丘陵の約1万 6000haを対象地域として 1985年に着工,21世紀初頭を完成目標とする。

正式名称は関西文化学術研究都市。国の主導で都市が建設された筑波研究学園都市(茨城県)に対し、国や府県の支援を得ながら民間主導での

京都、大阪、奈良の3府県境に広がる「けいはんな学研都市」(関西文化学術研究都市)は、1987年の建設促進法の公布・施行を経て街づくりが

[PDF]

(1)けいはんな学研都市の目指す将来的な社会像 (参考)けいはんな学研都市のミッションと取組経過 関西文化学術研究都市 建設促進法(1987・6~) ・文化、学術、研究の中心となる都市を建設 ・我が国及び世界の文化等の発展、国民経済の発達

[PDF]

この計画は、関西文化学術研究都市建設促進法第2条第1項の規定に基づ き定められた関西文化学術研究都市の地域のうち、奈良県域を対象とする。 計画対象域の現況は、次のとおりである。 (1)面積及び

関西文化学術研究都市建設促進法のもと、京都・大阪・奈良の3府県にまたがる京阪奈丘陵において、国家プロジェクトとして都市建設が始まりました。 愛称「けいはんな都市」と呼ばれるこの都市には、産学官の連携により緑とふれあいや知的で文化的な交流が生まれつつあり、知の創造都市

[PDF]

関西文化学術研究都市(以下「学研都市」という。)の建設は、促進法に基 づき、文化学術及び研究の拠点となる都市づくりを目指すものであり、我が国 及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資することを目的としてい る。

1987年6月 「関西文化学術研究都市建設促進法」公布・施行。国家的事業として位置づけられる。 1987年10月 学研都市の区域が決定される。 1987年10月 関西文化学術研究都市建設促進法に基づく、「関西文化学術研究都市建設基本方針」が決定される。

設立経緯・歩み 国際高等研究所は基本理念に賛同する産業界と学界、官界を挙げての強力な支援のもと、1984年8月に財団法人として設立されました。1993年10月には、京都府から土地の提供を受け、けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)に研究

大阪、京都、奈良の3府県にまたがる「けいはんな学研都市」(関西文化学術研究都市)は、関西文化学術研究都市建設促進法に基づく国家

[PDF]

Ⅱ 関西文化学術研究都市における建設構想と土台づくり Ⅲ 建設促進に向けた仕組み Ⅳ 小括(以上、前号) Ⅴ 学研都市の建設 –ファースト・ステージ –(以下、本号) 1.関西文化学術研究都市建設促進法の制定 2.建設の着手 3.『促進法』以後

[PDF]

関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)は、「文化、学術及び研究の中心となるべ き都市を建設し、もって我が国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に資する」こ とを目的に、関西文化学術研究都市建設促進法(昭和62年法律第72号)に

けいはんな学研都市(正式名称:関西文化学術研 究都市(以下「学研都市」という。))は、京都府、 大阪府、奈良県の三府県にまたがる緑豊かな京阪奈 丘陵において、関西文化学術研究都市建設促進法 (以下「法」という。)に基づき建設・整備を進めて

租税特別措置法第44条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:青色申告書を提出する法人が、関西文化学術研究都市建設促進法(昭和六十二年法律第七十二号)第五条第二項に規定する建設計画の同意の日から平成二十九年三月三十一日までの間に、同法第二条第四項に規定

URが行っている関西学研都市の事業は、ご承知の通り最終盤にきています。学研都市建設促進法が昭和62年に制定されて以来26年たちました。URの法定事業の完了は平成26年当初を目指しています。

京都、大阪、奈良の3府県にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)。1987年施行の関西文化学術研究都市建設促進法に基づき整備

[PDF]

関西文化学術研究都市(以下「学研都市」という。)の建設は、促進法に基 づき、文化学術及び研究の拠点となる都市づくりをめざすものであり、我が 国及び世界の文化等の発展並びに国民経済の発達に寄与する重要な国家プロ ジェクトである。

会社設立の趣旨. 新文化首都を目指す関西文化学術研究都市は、長年の間培われてきた多様性に富む文化の蓄積と、基礎研究など高度で豊富な学術研究の集積を活かしながら、我が国はもとより世界の創造的な文化・学術・研究の中心地として新たな展開を図るとともに、人を中心とした多様な

[PDF]

関西文化学術研究都市(イメージ図)提供:京都府 的,学際的,業務的な新たな展開の拠点づくりをめざす (2) アプローチ視点と計画概念 ものであり,新しい近畿の創生に貢献することはもとよ 関西文化学術研究都市は,国家的・人類的課題に貢献

「関西文化学術研究都市」区域内に存在する祝園弾薬庫に関する質問主意書 「関西文化学術研究都市建設促進法」(一九八七年施行)により国家的事業として位置づけされ、国立国会図書館(関西館)等の施設が立地する「関西文化学術研究都市」には、太平洋戦争時には東洋一とまで言われ

[PDF]

文化学術研究 施設と住宅の 複合開発. 都市建設の. 3. つの特徴 学研促進法に基づく国家プロジェクトの推進. 昭和. 53. 年(1978年) 関西文化学術研究都市調査懇談会(奥田懇)発足. 昭和. 58. 年(1983年) 関西文化学術研究都市建設推進協議会設立. 昭和. 61

〇産業活動の振興に資する都市づくり • 関西文化学術研究都市の交流・連携の推進を図るため、生駒市高山地区の整備 や京阪奈新線、国道163号清滝生駒道路(学研都市連絡道)の整備を促進する。 関西文化学術研究都市の建設に関する方針(抜粋)